松本市高橋家住宅

ご利用案内

高橋家住宅外観写真高橋家住宅は、松本市内に現存する数少ない武家住宅のひとつです。

松本藩が藩士の住まいとして所有していた官舎で、建築年代は17世紀前半から享保11年(1726)までの間と推定されています。昭和44年(1969)に松本市重要文化財に指定されました。その後、古文書をもとに、幕末から明治時代初めのころの姿に復元修理を行い、武士の暮らしを伝える博物館として開館しました。

開館時間

  • 午前9時から午後5時まで(ただし入館は4時30分まで)

休館日

  • 3月から11月までの平日
  • 12月から2月までの月曜日から土曜日まで
  • 12月29日から1月3日まで

観覧料

無料

お問合わせ先

開館時

松本市重要文化財高橋家住宅
 〒390-0876 長野県松本市開智2-4-12
 TEL:0263-32-5725 FAX:0263-32-5729

休館時

重要文化財旧開智学校管理事務所
 〒390-0876 長野県松本市開智2-4-12
 TEL:0263-32-5725 FAX:0263-32-5729

 

交通案内

 バス:タウンスニーカー北コース「旧開智学校」下車徒歩5分
    松本駅から北市内線「蟻ヶ崎高校前」下車徒歩9分
 徒歩:JR松本駅から30分