重文開明学校「明治の授業体験」

 旧開智学校と姉妹館提携を結ぶ、愛媛県西予市の開明学校から教員役を招き、明治時代の小学校の授業体験を行います。
 開明学校明治の授業の様子1
開明学校明治の授業体験の様子2

●日 時 10月18日(日曜日) 
     小学生向け体験講座(45分程度)1回目 午前10時~
                     2回目 午前11時~     
     一般向け体験講座(90分)    午後1時30分~3時 

●場 所 重要文化財旧開智学校校舎 特別展示室

●講 師 堀内八重(西予市文化の里施設統括館長、開明学校館長)
     仙波香菜子(開明学校職員)

●募集人数 各回25名(事前申し込みによる先着順)

●内 容 明治時代に使用されていた教育掛図や教科書を使用しての授業体験 

 

開明学校校舎

開明学校とは
 開明学校は、愛媛県西予市(旧宇和町)にある明治時代に建てられた学校で、全国的にも歴史の長い小学校の一つです。外国の建築方法も取り入れた擬洋風建築という造りをしており、旧開智学校と同じ建築方法が用いられています。平成9年(1997)に国の重要文化財に指定され、教育博物館として往時の姿を残しています。

 ともに明治初めの建築で重要文化財の小学校校舎という縁から、昭和62年(1987)10月6日に姉妹館提携を結び市民の交流を進め、文化財の保護・教育文化の進展に努めています。