松本平の御柱展(12月3日から1月22日まで)

馬場家住宅のある松本市内田地区では、新年を迎えると道祖神の傍らに五色の色紙で飾られた柱が立てられます。一週間ほどで姿を消してしまうこの柱は「御柱(オンバシラ)」と呼ばれるもので、内田地区のみならず西山山麓や安曇野の各地に伝えられています。御柱と言えば七年に1度行われる諏訪大社の御柱が有名ですが、この御柱は毎年行われ五穀豊穣、家内安全などの願いをかけてさまざまな飾りのついた柱を立てる道祖神のお祭です。
本展では、二十九カ所の御柱を写真などで紹介します。個性豊かな御柱をお楽しみください。

松本平の御柱の写真

 

会期

平成28年12月3日(土曜日)から平成29年1月22日(日曜日)まで

休 館 日:月曜日(月曜日が祝日の場合は開館しその翌日休館)
      年末年始(12月29日から1月3日)

開館時間:午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

会場

重要文化財馬場家住宅

観覧料

大人300円
中学生以下及び松本市在住の70才以上の方無料 

●H28松本平の御柱展チラシ

お問い合わせ

重要文化財馬場家住宅
〒399-0023 長野県松本市内田357-6
電話:0263-85-5070